今森光彦「どうぶつ島たんけん」 | NOEVIR
NOEVIR
今森光彦「どうぶつ島たんけん」

里山をテーマとした作品で知られる今森光彦氏は、写真家とペーパーカット作家というふたつの顔を持っています。熱帯雨林からサバンナまで世界中を取材し、昆虫、哺乳動物、爬虫類など数えきれない生きものたちとの出会いがありました。ブッシュの中のライオン、アボリジニーの家族と追いかけたカンガルー。
本展では、「どうぶつ島たんけん」と題し、今森氏の想い出がいっぱいつまった動物のペーパーカット作品をご覧いただきます。

1954年滋賀県大津市生まれ。
大学卒業後、独学で写真技術を学び、1980年よりフリーランスの写真家となる。以後、琵琶湖を望む田園にアトリエを構え、自然と人との関わりを「里山」という概念で追う一方、世界各国を訪ね、熱帯雨林から砂漠まで、生物の生態を追求し広く、世界の辺境の地までを取材し続けている。
第20回木村伊兵衛写真賞、第28回土門拳賞、第48回毎日出版文化賞、第42回産経児童出版文化賞大賞、第56回小学館児童出版文化賞など受賞多数。